基礎コース(Basic Course)

“ホンモノの医療”を学ぶための入り口

基礎コースって?

基礎コースとは
基礎コースとは、徒手療法を学ぶ上で欠かすことのできない徒手療法の原理原則である基本的なテクニック(主に四肢)理論を学ぶためのコースです。
「なぜ」の原理原則が必要
常に結果をだし続けるには、自分で考えて「見込み/仮説」を立て、それを確かめ評価し、間違っていれば「修正」する「=トライ & エラー」を繰り返すことが大前提です。単に教わったテクニックのコピーだけでは、ちょっと違ったバ リエーションに対応できない=現場で結果をだし続けることはできません。そして皮肉にも、ヒトは一人として同じ人 はいませんので、テクニックも微調整できる「なぜ」の原理原則が必要です。
スクールでは結果をだすために必要な、その「なぜ」を自分で理解するまで、テクニック(問診・治療技術・プレゼ ン…etc)や理論 (神経生理・病理・運動療法…etc)を徹底的に学びます。セミナー巡りをして表面的なテクニックばかりを身につけるよりも、組織レベルで何が起こっているのかを理解し、数あるアプローチ手段から必要な引き出しを選ぶこ とで治療効率をあげられます。
「問診」テクニック=結果をだすための第一歩
日本では紹介されない問診技術。スタンダードがないので見よう見まねの我流で必要に応じて使い分ける?! 職場に よっては「問診」をせずに直ぐにお決まりの治療プログラムを開始しているのが現状ではないでしょうか? 結果をだ すための第一歩は、「問診」による情報集めと、集めた情報を取捨選択し、残された情報から目の前の病態がなぜ生じ たのか「原因」を推察する=「仮説」を立てる…一連の思考過程で決まります。

基礎コース(Basic Course)の3つの特徴

Point 01

脊柱の治療へと進むための、手の感覚を育てる!

基礎コースでは、脊柱へと治療を展開していくために、まず四肢の治療技能を学びます。脊柱への治療は、リスクを伴うため、まずしっかりと手の感覚や力の加減などを覚えていただきます。



Point 02

問診で仮説をたてるために必要な技術・理論を学ぶ!

問診のやり方を知っていますか? 恐らく、きちんと問診のやり方を教わる機会がなかったと思います。これからの医療では、問診スキルが必要不可欠です。問診では、 仮説をたてるために情報を集め、必要な情報だけに精査し、その限られた情報で分析して因果関係を推測、今の病態を招いた原因と共に「仮説」を立てることが必須となってきます。

まずは、オランダ徒手療法が体系化させた特別な「*問診スキル」を身につけ、仮説をたてるための基本的な理論を学んでもらいます。

*問診スキル:誰でも身につけられる技術です。ですが、最初はある程度、適切に誘導してくれる優秀な講師が必要になります。DMTでは、講師養成でも力を入れ、スクール生がご自身で成長する能力を身につけられるサポートを全力でいたします。



Point 03

患者・医師・親・指導者・職場・チーム・・・
『誰に』でも説明することができる伝える力=プレゼン能力を育てる!

どんなに素晴らしい技術・理論をもっていても、きちんと相手に伝え、信頼関係を築けなければ意味がありません。信頼が築けなければ、治療を続けることはおろか、患者さんは2度とあなたの前には現れないでしょう。プレゼンテーション能力は、独立起業されている先生であればなおさら、それは患者さんのリピートに直接影響することで、引いては売上を左右する重大なスキルの一つです。

そのため、自らがたてた仮説を様々な人を想定してプレゼンテーションしてもらいます。子供、保護者、医師、チームの指導者…など、言う内容も、言い方もそれぞれの対象者に理解しやすい言葉で説明する義務があります。「頭で理解すること」と「言葉で説明すること」とは全く違うスキルです。苦手だと 感じる人もいるかもしれません。プレゼンテー ションとはスキルですから、スキルとは誰でも練習すれば上達します!!



『基礎コース』お申込み
基礎コースのカリキュラム
基礎分野

問診
スタディスキル
プレゼンテーションスキル
コミュニケーションスキル
医療倫理
社会倫理
専門基礎分野

解剖学
触診方法
生理学
運動生理学
神経生理学
関節運動学
トレーニング学
専門分野

測定・評価学
運動療法学
疾患別理学療法学
整形外科学
交渉術
コーチング
実技

マニピュレーション(四肢)
モビライゼーション(四肢) 検査・測定法
ストレッチ(筋・*関節包)
神経ストレッチ・スライド
軟部組織リリース (皮膚・筋膜・組織間)
リアライン
*関節包ストレッチは、数ある徒手療法の中でも、オランダ徒手療法の独時のテクニックです!
基礎コース(Basic course)概要
期間 春:4~9月(福岡:5~10月)秋:10~3月
対象 各種国家医療有資格者
※聴講生として、医療資格のないものも参加人数にあまりがある場合に、 特例として入学を許可する場合もあります。
自宅学習 e-ラーニング(理論・実技・ケース)
実技 集合研修10日間
【土日コース】 原則第3週の土/日曜(東京・福岡)
【*日曜コース】 第3/4週の日曜(東京・福岡)、もしくは、第2/第4の日曜(福岡)*最小遂行人数:3人
修了テスト 1日
登録認定 日本オランダ徒手療法協会より資格を授与
資格有効期間 2年
※有効期限内に定められた講習や学会に参加することで、資格を更新いたします。
学費 合計 52万3800円
※詳細な内訳はこちら
講師 日本オランダ徒手療法協会 認定スクール講師
基礎コース(Basic course)スケジュール

東京校について

集合研修① 2018年10月20, 21日(土,日)
集合研修② 2018年11月17, 18日(土,日)
集合研修③ 2018年12月15, 16日(土,日)
集合研修④ 2019年1月19, 20日(土,日)
集合研修⑤ 2018年2月23, 24日(土,日) ※修了テストが1日入ります。

福岡校について

集合研修① 2018年11月17, 18日(土,日)
集合研修② 2018年12月15, 16日(土,日)
集合研修③ 2019年1月19, 20日(土,日)
集合研修④ 2018年2月23, 24日(土,日)
集合研修⑤ 2018年3月16, 17日(土,日) ※修了テストが1日入ります。

日曜コース(東京校)

ご希望が多く、講師の都合がつく場合にのみ開催を検討いたします。

集合研修① 2018年10月21日(日)
集合研修② 2018年10月28日(日)
集合研修③ 2018年11月 日(日)
集合研修④ 2018年11月 日(日)
集合研修⑤ 2018年12月 日(日)
集合研修⑥ 2018年12月 日(日)
集合研修⑦ 2019年1月 日(日)
集合研修⑧ 2019年1月 日(日)
集合研修⑨ 2019年2月 日(日)※修了テスト(1日)
集合研修⑩ 2019年2月 日(日)

日曜コース(福岡校)

※ ご希望が多く、講師の都合がつく場合にのみ開催を検討いたします。

集合研修① 2018年10月21日(日)
集合研修② 2018年10月28日(日)
集合研修③ 2018年11月 日(日)
集合研修④ 2018年11月 日(日)
集合研修⑤ 2018年12月 日(日)
集合研修⑥  2018年12月 日(日)
集合研修⑦  2019年1月 日(日)
集合研修⑧  2019年1月 日(日)
集合研修⑨ 2019年2月 日(日)※修了テスト(1日)
集合研修⑩  2019年2月 日(日)
DMTマニピュレーション・スクールでは、“講師養成”に力を入れています!

全国にいる希望者が講師養成として、年に最低でも10日間、約1~2年ほど周到に準備された研修を重ねていきます。

それは、スクール生に “考える” スキルを身につけてもらうために、積極的にスクール生自らが議論しながら仮説を立て、まとめていく「アクティブラーニング」で誘導したり、教えすぎずに主体的に問題を発見し、その問題を解決していくように仕向けるコーチングのスキルであったりします。

最終的に、実際にインターンとして基礎コースで授業を行い、適正が認められれば、認定スクール講師として授業を行うことができます。



『基礎コース』お申込み
見学/しつもん